~On n'a qu'une vie!~

fusee.exblog.jp
ブログトップ

最近見たえいが。


先日 ”御用金”という昔々の映画をみましたとさ。
d0087373_6465583.jpg


主演はなんと 仲代達矢さま。

その何日か前には彼おすすめの”切腹”という映画も鑑賞。
d0087373_648133.jpg


若いときの彼を見たことがあまりなかったのでびっくり。

まーすごい目ヂカラ!!

御用金。
内容は、徳川の世、佐渡で政府のための金を堀り、それを船で運搬していた。

ところが年々上がるお上への上納金に苦しみ追いつめられた鯖井藩の藩主(丹波哲郎!)は、

漁村の民を使って巧みに船を沈没させ、またその後 口封じに漁村の民を皆殺しにし、

神隠しがおこったかのようにし、金を横取りしたのだった。

ところが 藩主の親友でありその妹の夫である侍、孫平(仲代達矢)は

正義感が強く、この一件を許す事が出来ず、二度と繰り返さない代わりに絶対に他言しないと

約束し藩を捨てたのであった。

三年の後、鯖井藩の追っ手がやってきて、藩主がまた神隠しを企てている事を知る孫平は

藩に戻り、阻止する事を決めた。。。



というのがストーリのあらましです。

切腹も含め、弱きをたすけ強きをくじく、という典型的なストーリーでしたが 十分に楽しめました。

浅丘ルリ子や田中くにえい、司葉子!も出てたり。

特に印象的だったのは最後のシーン、雪原を去っていくのだけど

雪の野原、風にすくわれて雪の粒が表面を飛んでいるのがとても美しかった。

どうやらこのシーン、たまたまやってきた竜巻を使って撮ったとの事。


すごいなぁ。クリエイティブ。そこにある物をうまく使う。


というわけで満足でした。

邦画もすてたもんじゃーないですね。

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。
[PR]
by progress-progress | 2012-01-16 06:49 | les films