~On n'a qu'une vie!~

fusee.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:London( 3 )

London三日目。

いやはや やっぱり間が開いてしまった私の更新。

居酒屋行ったり友達と久々にあったりしてばたばたしております。


それでは三日目。

朝から並んで場所取りをしてみよう!といっていた王宮の兵隊さん交代式に行きました。

現場に着いたのが確か10時前くらい、そして開始時間が11時半ということで
約1時間半その場で待機。

が、突然雨が降り、小雨ではあったのですがずるずると降り続き、かる~く萎える気分。
そして皆が傘をさしていると私たちの周囲では前後の人同士でトラブルがあったりして。
肩にあたったんですけど!とかなんとか。みんな待ちつかれて軽くイラついてる様子。
d0087373_15424045.jpg

雨が降るとおうち?に入る兵隊さん。なんかかわいい。

私たちのずっと前からまっていた日本人ご夫婦のだんな様がちらっと居なくなったら、
その隙に、斜め後ろに居たイタリア人が「失礼・・・(ヘラヘラ)」
言いながらグイグイ割り込んでくる。
日本人だからって何も言わないと思うなよ!とおもって言おうにも英語が出てこない(恥)
ので態度で示す。「ここには先に待ってる人がいるんだよッ!!」とばかりに割り込ませず。
っていうかあんた知ってるだろ!と思うとむかついたなー。

雨がなかなか止まず、強力な晴れ女yossyに頼むと、
「今はまだダメ。11時から、止むから。」となぜか知っているかのように真顔で言う。

すると ちょうど11時をまわったころ。ピタリと止み。。。一同衝撃。

さすがにこの旅何度も救われた晴れ女伝説もここまで来ると超能力か、と一瞬疑ったよ。
あのお告げはいったいなんだったの・・??yossy・・。

さぁ交代式開始!ッて時に、
さらに最前列に居たフランス人家族。いい年したおばさんが興奮して柵に足を掛けて立つ。
もちろん、何百人と後ろで並んでいる人が見えなくなる。「oh la la..」という声がそこかしこから
聞こえてくるのに 知らん振りかKYなのか ひとり「素敵ー!」とはしゃぐ。

かと思えば、もう雨止んでるのにまだ傘を差している最前列イタリア人。
後ろ側の四方八方から、「アンブレーラ!!アンブレーラ!!」といろんな人が苛立ちながら叫ぶ。
つまり傘をおろしてよ!見えないよ!というアピール。

最終的に傘を下げたらなんだかわからん連帯感で
「オ~003.gif!!」と皆で拍手。

そんなこんなで見た交代式の写真。
d0087373_1542168.jpg

交代する兵隊さん同士制服が全く違って面白かった!
d0087373_15434495.jpg

まるで盗撮かのようなこのショット。ぎゅうぎゅうさが伺えますね・・。

交代式は結構しっかりしていて、曲も4曲ほど演奏してくれました。

満足して、向かったのはセントポール大聖堂。しかし とりあえずお昼なので
ランチを。
d0087373_15493855.jpg

白黒以外で撮るのわすれてました(汗

ここのは塩気がきいてておいしかった!1日目にのみに行ったお店の系列店。
交代式の終了後、すごい雨が降り出したので、近場のお店で我慢。と思ったら
意外とおいしかったです。

そのあと、セントポールいったんですが・・・。
d0087373_1551829.jpg

なぁーんか。いくらだったかな、たしかかなり高かった入場料、しかも券売場も聖堂内で、
なんとなくそこで雰囲気はだいたい見られたので、ここから(確か)8ポンド出して入る
必要性を感じず。。。と他の観光客も全く同じ事を考えている様子で入り口にすごい
ひとだかりが出来てました。

さっさと後にして向かったのが、ナショナルギャラリー!
d0087373_15551578.jpg

この美術館、ゴッホ、モネ、ルノワール、ダ・ヴィンチ、フェルメール、・・・・などの
名だたる美の巨匠たちの作品を所蔵していながらも 無料!驚きです。
(内容に感銘したら各々の出したい金額を払えるボックスが一応設置されていますが)
しかしながら  貧乏学生が美術に触れられる機会が身近にあるというだけでも
ロンドンの学生は幸福ですよねぇ。

ここでも4人それぞれの好みが分かれて面白かった。私は印象派の作品に
吸い込まれそうなほど見入ってしまって途中でみんなとはぐれました(笑)
ここ、もう一度いつか行ってゆっくりみたいなぁ・・・。

そしてその向かいのトラファルガー広場!が・・・
d0087373_1611928.jpg

作業中?工事中?でライオンさんがあんまり見えなくて残念(涙)

でも巨大スクリーンで北京オリンピックの開会式が放送されていました。

さてその後、またスーパー(名前が出てこない・・・、)で帰りのユーロスター内で
食べるご飯を買って、さぁ帰ろう。というとき、なぜか駅が閉鎖。

ロンドンでは土日は修復のためかなんだか忘れましたが、頻繁に
ラインが止まったり駅が閉鎖されたりするそうで、ちょうどホテルの駅がやられて、
かなり苦労してたどり着いた頃にはユーロスターに間に合うか、ギリギリの時間・・・。

雨の中、全員無言で猛ダッシュしました・・・。

まわりにも、同じ状況と思われる人たちがいて猛ダッシュ。

ロンドンの厳しさをみせつけられました。

そんなこんなでユーロスターに乗りながら飲んだ
スーパーの野菜のスープが一番おいしかった!
という悲しい食文化の国イギリスを後にしましたとさ。

でも、とってもいい経験になりました。楽しかった!
[PR]
by progress-progress | 2008-08-28 16:08 | London

London二日目♪

さて、2日目、さすが目覚めすっきりのちーちゃん&noriちゃん。
そしておきてるけれど、起き上がるまで布団で粘る時間が長い私・・。

そこでちーちゃんがわたしに掛けた一言・・・。

「おきろ、北海道!!!」

・・・もう「えぇええーーーっww(゜д゜;;)?!」そうくるか?!というなんともいえない、
とりあえず突っ込まずには居られない言葉のおかげですっきりめざめました・・・。

そしてまずは腹ペコ4人組はホテルの朝食をたべました。
d0087373_17454382.jpg

イギリスの朝食。ということで。煮豆にホールトマト、目玉焼き、トースト。
これが意外とおいしかった。
ホールトマトは缶詰からそのままだしました~。という感じでしたが(笑)
バランスがよくて。ベーコンも塩気が利いていておいしかった~。
フランスとは違ってイギリスは朝はしっかり食べるようです。満足。

そして、この日まず向かったのが、harnharnさんにお勧めしてもらった、
ノッティンヒルのマルシェ♪♪です。
d0087373_17522490.jpg

この辺の通りは、一軒一軒がカラフルで、歩いているだけでとっても楽しかったです。
d0087373_17542594.jpg

いろーんなお店があって面白かったー。
d0087373_17563610.jpg

天気が良かったら、もっとよかったんですけど・・・。
なんせ曇り・雨続きで。
それにしても超晴れ女のyossyがいたから、小雨ですんでよかった!!
yossyの恐ろしいまでの力は、三日目にも大発揮されるのでした・・・。
d0087373_17583562.jpg

ちょっと先には食品も売っていたり。

古着などの店も充実していましたが、やっぱりポンドの高さにやられて、
なかなか手がでなかった・・・。

そしてもうお昼ごろだったので 近場でランチを。
d0087373_181532.jpg

こちら、yossyチョイスのカレー。みためは、結構おいしそう。
・・・でも、1口、2口・・・と口にするたびに、yossyの口数が減り、
切なそうな表情に・・・。
「味が、ない・・・。」と。

どういうことなんだろう、カレーに味がないって・・・。衝撃的なまでに
残念なカレーでした。私たちが頼んだサラダも、「・・・惜しい・・・。」としか言いようのないまでの味・・・。味、そう、味がないんですよ。
この日、至った結論は、イギリス人は食に対する関心がない。料理の仕方を知らない、そして知る気もない、と。

・・・正直、食べることが幸せである私にとって、そんな国があっていいのか・・!!と。
衝撃を隠せませんでした。ほんと、これこそがカルチャーショック。はぁ。

食べて落ち込むというのも初めての体験でした(苦笑)

ま、気をなんとか取り直して、次に向かったのは、ヴィヴィアン・ウエストウッド本店。(たしか)
noriちゃんとyossyは大のヴィヴィアン好き。ということでこの旅の目的の一つを
達成に行ったのでした。
d0087373_1884779.jpg

二人とも軽く興奮してらっしゃった。ミーハーな私は「芸能人とかくるんですか?」などと
聞いてみたりした。笑 

そしてその後は二階建てバスに乗って♪かの有名なビッグ・ベンへ!!
と、思いきや、途中でロンドン発の雑貨屋さん??で、ユナイテッド・アローズで
よくみかけるビニール加工っぽいかわいい柄のカバンが有名な雑貨屋さん
(名前忘れましたw)に立ち寄ってからビッグ・ベンへ。
「あそこいきたいよね~」なんて話していたら、道沿いに発見!!すごいタイミングでした。

そして今度こそビッグベンとウエストミンスター教会へ。
d0087373_18155311.jpg

正直いうと、ゴシック様式の教会を見慣れてしまって、「ほぉ~。」というほかに
ありませんでした・・。スイマセン
d0087373_18182768.jpg

そして、かの有名な。国会議事堂、ビックリベン!!・・・。
あの日はなぜかこれで10分笑えた・・・。
きっと食事による やるせなさを解消する為だったんだろう・・・。


さぁ!!!しかし、ここから思いっきりテンションがあがります!!!!!

なぜならイギリス王室御用達でもあったfortnam&masonで、本格的なアフタヌーンティーを楽しむからです!!
(キャーっ053.gif053.gif053.gif
ショーウィンドウからして素敵053.gif
d0087373_1824259.jpg

以前にちーちゃんが来たときより、人気が出たせいか、アフタヌーンティー専用のフロアとして
2階のワンフロアでゆったりと楽しめるようになっており、かつお値段も・・・少しお高くなっておりましたが、たまにこういうところで贅沢をして、良い物を知っておくのも勉強になる!と
腹をくくって楽しみました。
d0087373_18281478.jpg

みてください、素敵なティーセット・・。写真が下手なのは許してください
そして・・・!!!!!
d0087373_18285363.jpg

ワァーーーーオ!!!とささやかずには居られなかった、充実したお茶菓子さんたち。
おいしいったらありません。一つ一つ上品なのに脳を満足させてくれる甘さ。
食事に落ち込まされた分、感慨深いほどにおいしゅう御座いました。
しかもスコーンおかわりしちゃいました。笑
このジャムのおいしさに、すでに買い物を済ませてたのにもかかわらず
またみんな買い物しちゃいました。

満足と、旅の疲労もあって、2日目はコストコ・・じゃなくて名前がでてこないけど、
モノプリのイギリスバージョンのようなところで買い物をして、ホテルで晩御飯をすませました。

そしてゆっくりして、夜はやっぱり一杯。
d0087373_18341032.jpg

隣の席にいた、オーストラリア人の女の子が気さくに話しかけてくれたのが
印象的でした。なんとなくしかわからなかったが、、、ちーちゃんが居てくれてよかった。

ところでやっぱり英語って話されている国が多いだけ、英語が母国語の人は
いろんな人と簡単に話せてうらやましいなぁ~というのも感じたなぁ。
英語勉強しなきゃなぁ。とおもいながら、イギリス人の英語は唯でさえ分からんのに
私には一生聞き取れる気がしない・・とひそかにおもったりもしました・・・。

つづく。
[PR]
by progress-progress | 2008-08-20 18:37 | London

遅ればせながらのLondon1日目。

みなさま、残暑?いかがお過ごしでしょうか。

・・・ってパリはもう気温だけみているとだいぶ涼しそうな気配・・・。
札幌も、お盆がおわり、すでにナナカマドの実が色づいています・・・。

ちょっとまってくれー!!わたしはまだ夏をエンジョイしていないんですけど・・・。
切ないほどに早くやってくる北海道の秋。


さぁ、お話変わってロンドン旅日記をつけておこうと思います072.gif
忘れないうちに&面倒にならないうちに・・・。


・・・今回の旅は、パリのお母さんちーちゃんがツアーガイドを勤めてくれました001.gif
ちーちゃんは(私うまくせつめいできなくてごめんなさい)英文科ということで
メンバー4名の中で一番(そして唯一・・)英語が堪能で、ロンドンに留学経験も
あり、頼れるリーダー!!

そしてNoriちゃんはロンドンに旅行経験が幾度かあるということで2番目に
頼れるメンバー。地下鉄(tube)の大まかな路線図が頭に入っているほど。

そしてそしてわたしとYossyは・・。ただただ二人を頼りについてきたロンドンど素人。

旅の予定はユーロスターの中で行きたい所をそれぞれ上げてまとめました056.gif


まず、着いてホテルに向かい、チェックインと荷物を預けました。
ホテルはking's crossから10分もないところで非常に便利!よかった~。
その後まず王宮へ。よくロンドンの象徴としてみられるモコモコの帽子を被った
兵隊さんの交代式が見られるということでしたが、開始時間ちかく、すでに
恐ろしい人だかり。
どうせみるなら朝から並ばねば。ということでこれはあきらめ、王宮の中の見学も
2時間半待ちといわれ、あきらめました。
ふらっと王宮グッズショップを見て退散。

そして、今夜一番のメインイベント!!!
オペラ座の怪人を観劇
する為の、チケットを購入016.gif!!
d0087373_15115357.jpg

ワクワク♪

そしてお昼も1時を回ったところで駅近くでランチ♪
d0087373_15124770.jpg

ステーキをはさんだサンドイッチをチョイスしました。お味はうん、結構いける。
d0087373_1513850.jpg

ロンドンってサンドイッチもこういう丸いパンが主流みたいですねぇ。
選べたけどあえてこれにしました。

その後は、V&A(ビクトリア&アルバート)美術館へ。
d0087373_15134669.jpg

みんな分かれて、思い思いの作品をチェック。

私とyossyは、試着できるマントとかパニエかぶってあそんでいました(笑)

この美術館で、私が一番興奮したのが鍵コーナー!!!
d0087373_1514787.jpg

d0087373_15142419.jpg


知る人ぞ知る私の鍵好き・・・。興奮せずにはいられないすばらしい鍵のコレクション!!
錠前作りにハマってマリーアントワネットをかまわなかったというルイ16世の気持ちが
分かる気がしました。


鍵を心行くまで堪能した後は、美術館から程近い、かの有名な
イギリス発高級デパートHarrodsへ。

ハロッズのシンボル的キャラクターの熊ちゃんがいたるところに053.gif
ラブリーな店内。購買意欲が刺激され、危なくポンド大放出するとこでした。
d0087373_15144513.jpg

熊ちゃんソファです。

そして7時半からオペラ座の怪人を鑑賞する予定となっていたので、
ちょっと早い晩御飯を食べに 劇場近場で 名物フィッシュ&チップスを頂きました。
d0087373_15153755.jpg


これが、結構おいしかったけれど 時間が差し迫っていて急いで食べたので
大変でした。昔のシンディ・ローパーを思わせる店員さんがとっても親切で
感じも良かったのが印象的。

さぁ走って劇場まで向かい、なんとか席について、観たオペラ座の怪人。
d0087373_15161853.jpg

こちらの劇場にて。

感想は・・・。

最高でした007.gif

最後もスタンディングオベーションでなきそうになりました。我慢しましたが。。

ところでかなり腹が立ったのが、隣に居た韓国人の子供。しかも集団。

小学生くらいで、もう明らかに観劇のよさを分かることができないガキンチョ。
立ったり座ったり、ペチャクチャ話したり、声になるほどのあくびして、落ち着きがないったら!!
しまいに幕内明け直ぐにトイレに立とうとしたときには殴ってやろうかとおもいました(笑)
おしゃべりするたびに気が散るので「シー!!」と制したんですが続くのはほんの1分2分。
前の席の人も、何度も振り返り、めちゃくちゃ怒っていて、係員に言おうとしてましたが
係員がそういうときに限って居ない。入場の際にも係員に一度怒られているにもかかわらず、
全く変わる様子のないクソガキ供にイライラしました。
そしてその保護者は涼しい顔して一度も注意せず観劇している。腹立たしかった!!

今回でよーくわかりましたが、お芝居など観劇の価値がまだ分からないような年の子供を
つれてきてはいけないなぁと心から思います。本当に迷惑です。
そんなことに39£払うだけお金の無駄だと思いました。あーすっきり。


ま、そんなことは置いても、感動さめやらぬオペラ座の怪人。
この日から、毎日テーマを口ずさんでいる私たちです(笑)
d0087373_15171266.jpg

劇場そばの景色。

その後はホテルの方へ戻り、ビールを一杯068.gif053.gif
d0087373_1517316.jpg

ハニーデュウはちょっとビール好きには甘くて味気なかったけど、
ビール苦手な人もおいしくいけるかも。


ロンドン一日目の夜はオペラ座の怪人の余韻とともに幕をおろしました~。

つづく。
[PR]
by progress-progress | 2008-08-19 15:17 | London