~On n'a qu'une vie!~

fusee.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新居にて。



新居での生活を始めて早10日。

とてつもなく住み心地がいい053.gif053.gif


広さは以前の倍近くで、kitchenとchambreで仕切りっぽくなっているので
2pieceみたいでゆったり使えるし、だからこそkitchenがとても広くて気持ちが良い!!

家のすぐそばにはマルシェもスーパーもパン屋もあり、すてきな公園も2つある。
早くもこのカルチェを愛し始めました。

家探しを始めたときはどうしても9区!!と思っていたけれど、こうやって新しいカルチェを
発見できてよかった☆ 私が住んでるこのあたりのバティニョル地区は、18世紀の建物がそのまま
残っていて美しい街並みで、公園やマルシェもあり、フランス人が住みたがる地域らしい。


今日はお昼にチュイルリーでお友達とピクニックしてきて、帰りに家の周りを探検しました。

アンティーク品や家具などの蚤の市がたまたま公園の近くでやっていたのでブラブラ。
素敵なカフェやパン屋なども発見!!

その後はおうちに戻って三ツ星の冷蔵庫(アイスクリームとか氷がつくれる)から氷をだして
アイスティーをつくり、ピクニックの残りを持参して公園の池のそばで夕日をみながら読書。。。 最高。


・・・もうたまりません。(何が)

ネットも開通したし、快適な生活を毎日送っております!



・・・あとは・・・


前の家の掃除を終わらせなければ・・・・・orz

それが一番面倒。。。でも2年お世話になった思い出深いおうちなので、感謝の気持ちをこめて
最後の掃除をしたいと思います。



いや~しかし予定通り素敵なおうちが見つかって引越し無事すんでよかった!!

嬉しいな。
[PR]
by progress-progress | 2009-08-24 09:15 | VIVRE A PARIS

初めての おひっこし。


ご報告でございます。


引越ししまーーーーす!!


いや~この1ヵ月、家を探しつくしました。。。

ovniやfr-japonを初めとする日系情報誌はもちろん、de particulier a particulierの物件にも
片っ端から電話をかけ。
harnharnさんから教えてもらったアメリカンチャーチのアノンスも見に行き、
電話を掛け捲り、それでもだめ。


問題はこの時期にある。

年々外国人(私含むw)や国内から上がってくるフランス人たちで人は増えていくパリ。
しかし古い建物を大切に残すパリ→必然的に物件数は決まってくる。

さらに

このバカンスシーズン、9月から新学期の大学生たちは既に家を決めてバカンスをすごしているし、
大家もさっさと開き物件をどうにかしてバカンスへいく。

残っているのは短期貸しの物件ばかり!


・・・でも ずっと悩んできたカビの問題、気分を変えたかったこと、EDFがやたら高いことetcが
原因とcarte de sejourがちょうど更新時期なので、どうしても今引っ越したかった。


でも保証人のいない私はparticulier..では見つかることもなく。
唯一保証人なしでもOKといってくれた物件は今の物件より落ちるレベルで金額は高く。
それなら引っ越すことないし・・・。

papのアノンスに電話をかければ

「もう~僕10分前に出したアノンスなのに既に30件も連絡がきてるんだよ!!
去年も同じ時期にアノンスをだしたけど、そのときは300件も連絡がきてさ~、
僕も全てに返事してあげたいけどそうもいかないしさぁ~、まぁ出来るだけの事はしたけど、
もうホント大変でさぁ~。こまっちゃうよ~!」


と、延々と私に何故か愚痴る人までいる始末・・・(笑

保証人のいるサラリエのフランス人に勝てるわけもなく、さっさとその物件は諦めて
「ああ・・そうですか・・なんか電話しちゃってスイマセン・・」とわけもわからず流れで謝り(笑

「ううん、全然いいの!きにしないで!部屋探しがんばってね~じゃーねー ;)」ガチャ。


そんな日々を繰り返し、もう軽く鬱状態になってあきらめかけたそのとき運よくアノンスで見つけました。

なんと20m2で, kitchen兼・居間と寝室の2部屋に別れてるし家賃も20ユーロ上がるだけ。

即決です。

電気暖房でrez-de chaussée(地上階)ですが、この広さがあれば妥協できる!

ということで愛して止まない、9区ともう少しでお別れです・・・。
次は17区でーす!すてきなところですよ。詳しくは追々。

引越しは月半ばの13日。

2年住んだこの部屋を離れるのはちょっと寂しいけど、新しいわがパラダイスを思うと、
既にルンルンで、昨日は興奮してあまり寝れませんでした、って遠足前の子供かよ!!! 
と一人で突っ込んだ一日なのでした。


お友達用のベッドもありますので 親愛なるお友達のみなさま、
どうぞパリにいらっしゃることがあれば気兼ねなくいらしてください。

そんな報告でした~。
[PR]
by progress-progress | 2009-08-01 10:22 | VIVRE A PARIS